腎臓病食を宅配依頼【ラクラク便利な優しいサービス】

ご年配

健康のための食事

ジョギング

制限食の食事

腎臓病の予防や治療には、毎日の運動とともに、食事療法が重視されます。腎臓病は、じゅうぶんに血液を濾過できないため、血液中の不純物がしっかりと取り除かれません。ですから塩分を控える必要があります。味付けの濃い食事は腎臓病を悪化させます。たんぱく質の摂り過ぎもよくありません。腎臓への負担が増えてしまいます。ですが、エネルギー量は不足しないよう、充分に摂ることが必要です。でんぷんや油脂は意識して摂取することが大切です。個人差がありますが、症状によっては、水分の制限をする場合もあります。飲み水の量以外に、食品が含む水分も考慮する必要がありますので、細心の注意が必要です。血液中のカリウム量が多くなり過ぎると、カリウム量の制限が必要になる場合もあります。

宅配食が便利

腎臓病の食事療法には、さまざまな制限が必要です。主治医の話を聞き、自分なりに書籍等で勉強して食事療法を行う方法もありますが、毎日の食事の準備は大変です。食材の準備に気を遣い、塩分濃度の計測、たんぱく質や水分量、カリウム量の管理、でんぷんや油脂の摂取など、いくつもの制限をクリアし続けなくてはなりません。少しでもバランスが崩れれば、症状が悪化し、健康が損なわれてしまいます。食事が命に直結しているので、プレッシャーやストレスを感じることもあるでしょう。そんな苦労から救ってくれるのが、腎臓病に対応した宅配食です。専門の栄養士が相談に乗ってくれて、個々の症状に応じたプランを紹介してくれます。宅配食を導入すれば食事療法がストレスなく続けられます。